【不登校】立ち直れないかったかもしれない親のNG対応5選

卒業 繊細ママの歩み

不登校の子どもに対する親の対応の仕方が分からない。どんな対応するとまずいの?親として何ができる?

と思われていませんか?

このような疑問にお答えします。

結論:子どもに愛情、安心感が伝わると学校へ行きやすくなります。
まりあ
まりあ

私は、高校3年のときに不登校になりましたが、克服しました。

お子さんが不登校になると、なんで学校へ行けなくなったのか、何ができるのか?と戸惑いますよね。

そこで、体験談をもとに余計に学校へ行きたくなくなっただろうな。と思うことをお伝えしますね。

【不登校のままかも】親にされたら悲しい対応5選

教室

当時、両親の全面的なサポートがあり、私は学校へ行けるようになりました。

克服するきっかけになった、具体的な親の行動はこちらです。

反対に、こんな対応をされていたら、心を閉ざしたかもしれないと思うことがあります。

ついやりがちな5つのことです。

・ひたすら学校へ行くよう促される
・周りの目を気にする
・物で紛らわし続ける
・最後まで話を聞いてくれない
・思い込みで話してくる

ひたすら学校へ行くよう促される

「学校へ行きなさい」と言っていませんか?

熱があるわけでも、しんどそうなわけでもなければ、サボりに思いやすいんですよね。

また、不登校が続き、漫画を読んだり、ゲームばかりしてるときも、言いやすい言葉ですね。

ただ、行きたくても行けない状態の子は、ガス欠なのに全速で走れ!と言われているようなものです。

親の知らないところで、何かしら頑張り続けていたのかもしれません。

じゃあ、どうすればいいの?

まりあ
まりあ

学校へ行くように促すのではなく、本人が行こうと思えるようにサポートするのです。

北風と太陽の話のイメージです。

旅人に上着を脱がせるために、力技で風を吹かせるのではなく、温かい太陽の光で照らして、自分で脱ぎたがるのを待つ。

つまり、「学校へ行きなさい」「なんで行かないの?」と詰めたり、無理やり部屋から引きずり出そうとしたりするのはNGです。

休みたくなる気持ちを尊重して、おおらかにふるまいます。

不登校になる事情を話したくなったり、これからのことを話したくなるまでじっと我慢する。

これが理想です。

親側の理想的なサポートについては、後で詳しくご紹介しますね。

周りの目を気にする

親側には親側の、いろんな事情もありますよね。

ママ友、ご近所付き合い、職場の人間関係など。

まりあ
まりあ

子どもについて、今はそっとしておいてほしい気持ちも分からなくもないです。

ただ、子どもの話になって、

「娘さん、最近制服姿を見ないね。」とか
「息子さん、受験生ね!どこの高校受験するの?」と

悪気なく言われたとき、もし嘘を言われていたら悲しかったと思います。

例えば「留学したんです。」とか「寮に入ったんです。」などですね。

自分は恥ずかしい存在なんだ。

ますます人に見られちゃいけないかもと気にするかもしれません。

物で紛らわし続ける

部屋にこもっていると気分が沈むだろうからと、パソコンやゲーム、漫画などを少しだけ買うのはありだと思います。

気分転換してほしいですもんね。

ただ、与えて終わりになると、寂しかったと思います。

好きなことをして少し子どもが話すようなったら、何が心配なのか、今何を思っているのかなど聞いて、解決してあげられる流れになるのが理想です。

最後まで話を聞いてくれない

話したいことを最後まで親が聞いてくれると安心します。

口を挟まずに、アドバイスを求められていないときはアドバイスせず、うなずいて、相槌を打つだけ。

親として、つい自分の経験やネットやテレビで得た情報を伝えたくなる気持ち、わかります。

最後までしっかり聞くって難しいですが、それだけで子どもが自分で答えを出すこともあります。

思い込みで話してくる

例として

・大学に行かないといい会社に入れない
・いい会社に入らないと、いい人生にならない
・あなたは親の言うことを聞いていればいい

などですね。

確かに、一流大学の卒業を重視されている上場企業があります。

上場企業に入社して、出世コースの人生もあります。

そして、親は子どもより経験値があります。

ただ、親の考えを押し付けられると、反発したくもなります。

むしろ、いい大学なんて行きたくない!いい人生って何?親の言うことの反対のことをする!と思いたくなります。

中卒や高卒という学歴コンプレックスを原動力に起業して、稼いでいる方もたくさんおられます。

子どもには、不登校だと不幸せになる!という不安をあおるのではなく、

不登校を経て幸せに生きられるよ!という希望を見せてあげるのがおすすめです。

【不登校克服かも】親の理想的な対応

勉強中

こんなご両親だったら、親に安心感を抱き、安心して学校へ行きやすくなるだろうなと思う対応です。

ポイントは、お子さんを追い詰めないことです。

・子どもが話したら傾聴する
・子どものペースをに合わせる
・他の道を提案する

子どもが話したら傾聴する

何か伝えようとしていたら、まず口を挟まずに最後まで聞いてあげてください。

お子さんなりのSOSが隠れている場合があります。

寂しい、かまってほしい、自分を見てほしいといったサインがあるかもしれません。

思春期のお子さんだと、直接的な言葉で「寂しい」とは言いづらいものです。

でも親からしたら、アドバイスしたいし、話を聞き出したい。

まりあ
まりあ

そのお気持ちも分かります。

ただ、お子さんが話し出したときは、まずはすべて聴くのがおすすめです。

あいづちを打ちながら聞いてくれるだけで、受け止めてもらえた感覚になります。

アドバイスを求めてないのにアドバイスされる、言いたいことを言わせてもらえない。

そんな状態が続くと、もう親に期待して何か言うのは諦めようと思いかねません。

子どものペースに合わせる

不登校になったとき、体調によって感情的になるときがあれば、無の状態になる場合もありました。

そんなときは、お子さんのペースに合わせることです。

お子さんが弾丸のように話すときは、まず聞くこと。
親が話すときは、お子さんが少し落ち着いているときを選ぶこと。

感情が高ぶった状態で話しても、傷つけ合いやすくなるだけです。

でも、心配だし、不安だし、感情的になる!

まりあ
まりあ

もちろん怒ったり、泣いたりしてもいいんですよ。

怒り方を選ぶのがいいという話です。

これを言ったら、立ち直れなくなるかもしれないと思うような言葉は子どもに言わないことです。

他の道を提案する

思い詰めるときは、視野が狭くなりやすいです。

当時、私の頭の中はこんなことで埋まっていました。

一度入学した学校は卒業しなきゃ。
でも、行けない。
しかも、浪人はしたくない。どうしよう。

もしどうしても、今の学校へ行けないなら、転校もあります。

不登校の生徒を受け入れる学校があったり、授業がネットの高校もあります。

10年前と比べると先生に頼らなくても、ネット上にたくさん学校が載っています。

親御さん自身も、選択肢があると分かると、将来の不安が少し解決されるかもしれません。

お子さんにとっては、他の選択肢を知ると、在学中の学校と比べられます。

比べた結果、頑張って今の学校に戻ろうという気になる場合もあります。

まとめ

勉強中

・親からの愛情、安心感が伝わると学校へ行きやすくなる
・子どもに向き合う姿勢が伝わると、愛情を感じやすい

・子どもの考え、話を最後まで聞くと安心感につながる

SNSが生活の一部になった今の時代、簡単に人とつながれます。

でも、良いこともそうでないこともあります。

例えば、

・クラスや部活などのグループLINEがある
・Instagramでは友だちの充実っぷりが分かる
・Twitterでは本当の自分を出すためのアカウントがある

などですね。

そして、学校から帰った後でも、休日でもつながれます。

逆をいえば、一度孤立を感じるとどこまでも感じやすいとも思います。

多くのつながりの中では、いかにうまく立ち回るのかが重要なようです。

そうなってくると、だんだん行き苦しく感じるのも無理はありません。

ただ、いつの時代でも親子間の絡まった糸は、少しずつほぐしていくことが大切です。

お子さんがゆっくりと心を開いていってくれますように。願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました