【産後のイライラ】止まらない3つの原因と対処法【体験談】

子育て

子どもが産まれて幸せなはずなのに、イライラが止まらない!周りにあたってしまう自分も嫌。どうすれば元に戻れるの?

と思われていませんか?

このような疑問にお答えします。

結論:産後はイライラするもの!寝て、不安を減らして、周囲に理解してもらうのがおすすめ
まりあ
まりあ

私は、産後ずっとイライラしていましたが、夫に打ち明けて克服しました。

可愛い子どもが産まれても、イライラするときがありますよね。

出産する前は気にならなかったことが気になったり、つい夫や母に当たってしまったり…。

当たった後に自己嫌悪になるのに、またイライラが止まらない。こんな状態だと気がめいります。

そこで、私が産後にイライラした原因と良かった対処法をご紹介しますね。

産後にイライラが止まらない原因

一般的には、ホルモンバランスの乱れと言われます。

ただ、ホルモンバランスって、目には見えない原因ですよね。

まりあ
まりあ

自分でどう対処すればいいのか分からない!

そこで、対処できそうなイライラの原因に気づきました。
原因は他に3つです。

・睡眠不足でイライラ
・産後ならではの不安でイライラ
・キャパオーバーでイライラ

睡眠不足でイライラ

出産して休む間もなく授乳していると、睡眠不足になります。

まりあ
まりあ

夜から朝まで起きずに7時間寝るなんて夢のまた夢ですよね。

1日中2時間や3時間ごとに起きては授乳して、睡眠というより仮眠状態です。

そんな状態になると、判断力が鈍ってきます。

・いつもは聞き流せることを聞き流せなくて、反射的に怒る
・いつもは気にならないのに、コップがテーブルに置いてあるだけで、つい怒る
・いつもは見なかったことにできる、人の割り込みも許せない

普段、いったん飲み込もうと判断できることもできなくなりました。

産後ならではの不安でイライラ

小さな赤ちゃんをお世話するって、大仕事です。

主に不安のもとは、以下でした。

・初めてで分からないことだらけ
・正しい情報が分からない

初めてで分からないことだらけの不安

毎日、分からないことがどんどん出てくる。
いろいろ調べて解決しながらお世話をしていました。

でも、産後で不安なときは、私も分からない中でやってるから!とイライラしていました。

【例】

・できあがったミルクの温度を、毎回夫が聞いてくる。
・最新の育児グッズの使い方を父が聞いてくる。
・子どもの足のあざを指差しして「このあざは何?」と祖父に言われる。

まりあ
まりあ

今では、どのケースもまったく悪気はなかったんだと理解できます。

正しい情報が分からない不安

困ったことが起きたら、すぐにスマホで調べられます。
でも、サイトによって正反対の内容が書いている場合もあります。

夜中に子どもが1時間しゃっくりし続けたとき、大丈夫なのかどうかが分かりませんでした。

今すぐに正しい情報が欲しいのに、分からない。
それどころか余計に不安になる情報まで目に留まる…。

まりあ
まりあ

とにかく我が子の場合の答えを教えて!」とイライラしました。

キャパオーバーでイライラ

赤ちゃんのお世話って、本当にやることが多いですよね。

授乳ひとつでも工程が多くて、沐浴ひとつでも準備したり、片付けたり工程が多いです。

すべてママさんだけでやっていると、キャパオーバーになりかねません。

子どもが産まれる前も産まれた後も、1日は同じ24時間です。
やることが増えると、精神的な負担が大きくなります。

朝、お腹が空いて起きてきた!授乳しなきゃ

うんち漏れで服が汚れてる!着替えさせなきゃ

汚れはシミになる!汚れを落とさなきゃ

おむつが無くなってきた!買わなきゃ

その前に掃除機もかけたい

夫「今日って雨降るのかな?」
私「天気予報見れてないから分からない!自分で調べて!」←イライラ

朝だろうが、夜だろうが、イライラが止まりませんでした。

イライラへの対処法

イライラが止まらなってきて、対処したことが3つあります。

・産後はとにかく寝る
・不安はすぐに解消させる

・周りに理解してもらう

産後はとにかく寝る

育児も家事もあって後回しにしがちです。

でも、睡眠不足が続くとフラフラしてきます。

ママさんも赤ちゃんが安全に過ごすために、寝るのがおすすめです。

まりあ
まりあ

寝てなくてずっとイライラするときは、食事より睡眠を優先していました。

連続して3~4時間寝るだけでもすっきりします。

もしも寝る時間を確保できないなら、諦められる家事の時間を寝る時間に充てられるのもいいと思います。

不安はすぐに解消させる

不安は小さいうちに解消しておく、もしくは対処方法を見つけておくと、気が楽です。

赤ちゃんはもちろん、ママさんの精神的に余裕を持てます。

何か不安なことが出たとき
身近で話せる人、電話の相談窓口、かかりつけの病院を見つけておくのも手です。

身近な人に話す

気持ちを吐き出したいとき、夫と母に話を聞いてもらっていました。

まりあ
まりあ

今日こんなことがあって…。と解決を求めていない話は、ちょうど良かったです。

地域の電話の相談窓口

病院に行くまでもないけど、保健師さんに相談したいときは電話していました。

相談方法は、電話がおすすめです。

話し方や声のトーンで、不安な気持ちが伝わりやすかったです。

忙しい中ですぐに聞けて、新たに感じた不安も聞き返しやすいです。

まりあ
まりあ

「子育て 相談(地域名)」で検索すると、相談窓口が出てくると思います。

緊急時の電話の相談窓口

子どもの様子がおかしくなったときに、すぐに相談できる窓口を知っておくと安心です。

救急車を呼ぶべきか、病院へ行くべきか、自宅で様子を見るべきか、相談できます。

救急安心センター(ほぼ24時間相談OK)※実施していない地域あり
こども医療でんわ相談(休日、夜間のみ相談OK)

まりあ
まりあ

万が一に備えておくだけで、少し不安が解消されました。

かかりつけの病院

実際に診てもらいたいときは、かかりつけの病院へ行きました。

かかりつけの病院は、いいな!と思える先生に出会えるまで何か所も巡りました。

周りに理解してもらう

周囲の理解があると、イライラしても自己嫌悪になりにくいです。

あんなこと言ったから、きっと怒ってるだろうな。とか
人が変わったって思われてるかな。
悶々と悩まずにいられます。

特に、長い時間一緒に過ごしている方の理解があると強い味方になります。

まりあ
まりあ

夫には「とにかく今はイライラする時期だから聞き流してね。」と伝えていました。

まとめ

・産後はイライラが止まらなくて当然!
・イライラ対策には、寝る、周りに理解してもらう、不安を小さいうちに解消させる

産後は、誰でもイライラする時期!と割り切ってしまうのもおすすめです。

女性ホルモンも乱れてるらしいから仕方ない!くらいの気持ちでいると、自然とイライラしなくなってきました。

「産後にイライラが止まらない」と調べられている時点で、何とかしようとされているのだと思います。

今はその気持ちだけで十分です。一人で抱えずに、周りの人に甘えていきましょ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました